消費者金融一覧 スマホで申込み > 住宅ローン消費者金融一覧

スマホの割賦購入や消費者金融の利用が住宅ローンの審査に与える影響。

スマホで人気の消費者金融一覧

【消費者金融プロミス】

消費者金融プロミスの画像

消費者金融プロミスレディースの画像

☆特徴:スマホから契約すれば来店不要で即日融資も可能!

☆実質年率:4.5%~17.8%

☆限度額:1~500万円

(お申込みの時間帯により翌日以降の融資の場合があります。)

【消費者金融モビット】

消費者金融モビットの画像

☆特徴:お急ぎ融資を希望する方に最適!Web完結申込みで電話連絡・郵便物なし!

☆貸付利率:3.0%~18.0%

☆限度額:1~800万円

【消費者金融アイフル】

消費者金融アイフルの画像

☆特徴:ご利用可能かスマホで1秒で即診断!面倒な契約書の郵送は不要!

☆貸付利率:4.5%~18.0%

☆限度額:1000円~500万円


新築住宅を購入する際には多額のお金が必要になるため、住宅ローンを組んで購入するといった方法が広く行われています。住宅ローンは有担保のローンであるため、無担保の借入と比較して審査に通りやすい傾向にあります。しかし住宅ローンは非常に高額のローンで返済期間も長期に及ぶ事から慎重に審査が行われます。また審査の際には信用情報機関に個人信用情報を照会されるため、過去の消費者金融の利用歴やスマホの割賦購入履歴も知られる事になります。

これらは過去に利用しただけで、現在はきちんと返済も済ませ返済遅延なども無かったという場合には特に審査上不利になる事はありません。場合によってはきちんと返済をした実績として評価される事もあります。しかし返済遅延などがあると審査結果に響く事になります。

消費者金融の利用に関してはある程度まとまった金額のお金が必要な場合にキャッシングなどをしたというケースが多く、返済遅延があった時には記憶に残ってるのが普通です。しかしスマホの割賦購入に関しては金額が小さく毎月の利用料金に上乗せされる形で請求されるため、遅延が生じても来月以降にまとめて支払を済ませるケースがよく見られます。そのため遅延が何度かあっても、借入金の返済が遅れたという認識が薄い傾向にあります。

しかしスマホの割賦購入であっても返済遅延が生じれば信用情報機関にその記録が残ります。これがあまりに多いと住宅ローンの審査に通らなくなってしまう事もあるため、金額が小さくても軽く考えず消費者金融からの借入と同様に遅延が生じないように注意する事が大切です。

消費者金融一覧メニュー

消費者金融が使えるコンビニ一覧

コンビニ別のATM一覧